Page Top

白押さえデータ作成の基本

白押さえデータとは?

白押さえレイヤー

アクリル等の透明な素材に印刷をする場合、カラー印刷だけだと透けて向こう側が見えてしまう状態になります。
この時透けない仕上げにするために、下地に白インクを印刷することを「白押さえ」と言います。
メインのデザインだけ白押さえ、背景には白押さえなし等、意図的に白押さえをしてはっきり見せる部分と、白押さえなしで透けさせる部分を使い分けることも可能なので、デザインの幅も広がります。

白押さえデータの有無

白押さえデータ作成の基本

  • カラー値はK100%で用意
  • 白押さえデータは白押さえをする部分をK100%で塗ります。
    K100%以外だと、うまく印刷できない可能性があるので、必ずK100%での作成をお願いします。
    データは黒ですが、実際に印刷する時は白で印刷されます。

K100%にするには

  • Illustratorの場合
  • [ウインドウ>カラー]でCMY値を0%、K値のみを100%に設定します。

IllustratorのK100%
  • Photoshopの場合
  • ①[レイヤー>新規調節レイヤー>チャンネルミキサー]で新規レイヤーを作成します。
    ②[ウインドウ>属性]より、「出力先チャンネル」のシアン、マゼンタ、イエローの各CMYK値をすべて0%に設定します。
    ③「出力先チャンネル」のブラックで、CMY値を50%、K値を100%に設定します。
    これで黒く塗りつぶした部分はK100%に変更されます。

PhotoshopのK100%
  • 白押さえデータは0.1mmオフセットをかけるのを忘れずに!
  • 白押さえデータを縮小することで、カラーデータよりはみ出して印刷することを防ぎます。
    ※ただし髪の毛の先等の細かい部分は、縮小をしてもはみ出してしまう可能性があるので、白押さえを入れない、もしくは元のデータの先を太くすることをおすすめします。

Illustratorの場合

[オブジェクト>パス>オフセット]より、-0.1mmオフセットをかけてください。
※オフセットをかけるとオフセット前のパスに、オフセット後のパスが追加されます。オフセット前のパスを忘れずに削除をお願いします。

パスのオフセット

Photoshopの場合

①[選択範囲>選択範囲を読み込む]より、デザインの輪郭を読み込みます。
②[選択範囲>選択範囲を変更>縮小]で選択範囲を縮小してください。
③縮小した選択範囲をK100%で塗りつぶして、白押さえデータは完成です。

パスの縮小

白押さえデータを作成する時の注意点

  • カラーデータの白色は印刷されません!

通常のカラーデータで白色を使用しても、印刷はされません。白色を反映したい場合は白押さえデータを作成してください。
カラーデータで白を使用しても、その部分は透明になるのでご注意ください。

白色の透過