Page Top

データ作成代行サービス

データ作成代行サービスって?

レイヤーの種類
  • キーホルダーを作成するにはイラストを描いた「カラーデータ」以外に、イラストをはっきりと見せる為の「白押さえデータ」とアクリルを切る為の「カットパスデータ」が必要となります。
    この2つのデータをお客様に代わって、弊社で作成させていただくのが「データ作成代行サービス」です!

ご利用いただく必要のあるお客様

  • イラストの画像データのみご用意可能な方
  • jpgやpng等の画像データをお持ちで、その他データの作成手段のない場合はご利用ください。

  • Photoshop、Illustrator以外のソフトをご使用の方
  • 「白押さえデータ」はPSDもしくはAI形式で保存していただければ問題はありませんが、「カットデータ」はパスデータで保存していただかなければいけない為、どちらかのソフトが必要となります。

  • Photoshop、Illustratorのソフトはあるが、必要データの作成が難しい方
  • 「ソフトはあるけど使い慣れていない」「時間がないので作成できない」という方はご利用ください。

追加納期
データの解像度
画像のサイズ
入稿形式
費用
チェーンの穴の位置

データ作成代行サービスの注意点

  • 印刷するイラスト以外は事前に削除を
  • ご入稿いただくデータは印刷するイラスト以外の不要な部分はすべて削除し、背景は白もしくは透過してください。
    不要なものが入っていた場合、弊社で削除はせずにお客様自身で修正していただきます。

  • イラストデータの修正、文字入れなどは行っておりません
  • データ作成代行サービスは「白押さえ」「カットパス」を作成するサービスです。それ以外のデータの作成、修正は承っておりません。

  • pdf形式でページ数が多い場合は要注意
  • pdf形式のご入稿でデータが数ページに亘る場合は、連番ではなく、単ペジで保存しzipファイルにまとめていただきますようお願いいたします。

  • キーホルダーのチェーンの穴、アクリルスタンドのツメの位置はご指定ください
  • 穴の位置のご指定がない場合は、イラストの中心に穴を設置します。
    特殊な形状のデザインであっても中心に配置しますので、ご指定のある場合は予めご連絡ください。

  • ご入稿いただくデータはベクターデータであると安心です。
  • 画像サイズが小さい、もしくは解像度が低い等は綺麗に印刷できない原因となります。どうしても大きいサイズで高解像度のものがご用意できない場合はベクターデータでご用意いただくと再入稿の心配がぐっと減り、安心です。
    画像のベクター変換はフリーソフトやオンライン変換等、無料で提供しているサイトもあるので、一度ご覧ください。